UIターン 移住者V O I C E 東 まどかさん

福井は本当に何もなくて、住んでいて面白くない場所?UIターンをしてきた人たちはどう思っているのだろう?彼らが感じる福井の魅力は、他では味わうことのできない、プライスレスなモノコトにあふれている。視点をちょっと変えるだけで、福井の良さに気づける!

東 まどかさん

県外・海外の人たちに紹介したい!
地場産業が息づく、ものづくりのまち。

PROFILE

4歳から和太鼓を始め、大学卒業後、人気和太鼓グループ『倭-YAMATO』に入団。約8年間所属したのち、地元・越前市へ。『タケフナイフビレッジ』に就職し、直売所での接客、HPやネットショップ、SNSの作成・更新を担う。

離れたからこそ気づけた
地元の自然や伝統の尊さ。

かつて奈良県明日香村を拠点に世界各国で演奏活動を行なう人気和太鼓集団『倭-YAMATO』のメンバーとして活躍していた東まどかさん。在籍中は、ライブツアーで1年の大半を海外で過ごし、Uターン直前の約4年間は『倭』主宰の和太鼓教室の講師としてオランダに駐在。充実した日々を送っていたが、父親の病気をきっかけに「家族と一緒にいたい」という気持ちが強くなり、『倭』の退団と帰郷を決意した。

そもそも「福井は何もないところ」だと感じていたため、地元に戻るつもりはなかったという。そんな中、久しぶりの故郷の景色は違って見えた。「オランダの街は、可愛い家が建ち並び、運河が流れ、どこを見ても絵になります。でも山がありません。越前市は山々に囲まれ自然豊か。この何もない自然の風景が実はすごく良かったんだなぁと。オランダの友人も感動していました」

また、地元の『タケフナイフビレッジ』に就職したことで新たな気づきもあった。「福井は越前打刃物のような伝統工芸品をはじめ、地場産業が盛ん。体験スポットも多く、福井のものづくりの魅力に触れることができます。他にも歴史ある町並みや公園・寺社など、案内したい場所がココにはたくさんあります!」

福井には何もない、という認識が覆され、東さんは仕事を通して〝地元のいいところ〞を県外・海外に発信できることに誇りと喜びを感じている。

家から近く、子どもの頃は自分の庭のように遊んでいた。朱塗りの橋など風情ある景観は、大人になって素敵だと感じるように。朝日が昇る頃が好きで、ランニングすることも。

包丁のパッケージなどの水引飾りを見て、その品のある可愛さに惹かれ、自ら手作りするように。動画を見ながらマネしていくうちに上達し、今では自分好みにアレンジ。

関連記事

  1. UIターン 移住者V O I C E 中谷 翔さん

  2. UIターン 移住者V O I C E 志野 佑介さん 映里さ…

  3. UIターン 移住者V O I C E 松平 成史さん 裕子さ…