Special Interview 杉本達治さん(福井県知事)

福井という場所にこだわりを持って働き続ける著名人がいる。それぞれのフィールドで活躍する彼らは、一体何を感じながら福井で働いているのだろうか?社会人の先輩たちに、“働くことの面白み”、そして“福井で働くことの魅力”について話を聞いた。

福井をもっと、ワクワクな
場所に変えていく。

福井県知事 杉本達治さん

 

PROFILE

岐阜県中津川市生まれ。東京大学卒業後自治省(現:総務省)に入省。長野、徳島、山形にも赴任し、2004年には福井県総務部長として赴任。2013年に福井県副知事経て2019年に福井県知事に。趣味は愛犬の散歩とパン作り。

福井の生活は
実は“コスパ”がいい?!

「“働く”ということは、“住む”ということ」と話す杉本知事。長年総務省に勤務し、全国各地に赴任してさまざまな土地で働いてきた知事に“福井で働く魅力は?”という質問を投げかけたところ、開口一番こう返ってきた。

「特に就職する学生さんにとって一番大きいのは、“どこに住むか”ということですよね。学生時代という刺激の欲しい時期には都会での生活が魅力的に見えますが、就職の場合は結婚とか子育てとか老後とか、自分の人生全体を通して考えながら、働く場所を選択すべきだと思います」。

そうした中、幸福度日本一を誇る福井の住みやすさは、働く上でも大きな魅力になると話す。

「幸福度ランキングの指標には、住んでみないと分からない良さが軒並み入っています。私は県外に住んだ経験があるからこそ、比較の上でよく分かる。また、全国835の市と区を対象とした『住みよさランキング2019』においても、福井市は4位、敦賀市は6位など、トップ100に県内9市のうち7市がランクインしています。これらの結果は客観的に福井を見る参考になるはずです」。

さらに東京で定年まで働いた場合と福井を比較すると、様々な面で福井にメリットがあるという。「まず家計の収支をみると、福井の方が約3000万円多いという差が出てきます。生活面でも福井の家の広さは東京の倍ほどですし、持ち家率も日本有数。さらには通勤も福井だったらすぐ車で行けますが、東京は50分以上です。実際に都心で働いていた私の経験上、50分で通っている人というのはなかなかおらず、一時間半とかそれくらい通勤にかかってしまうが普通だと思います。そういう意味では、“生活のコストは低く質は非常に高い”。こういう点が福井に暮らす、福井で仕事を探す一番のメリットだと思います」。

 
 
 

“仕事の内容はもちろんですが社会人は“住む環境”選びも重要です”

 

女性も安心して
仕事を続けられる強み。

女性にとって、結婚、出産を通したライフスタイルの変化に不安はつきもの。共働き率が高い福井県では、女性が子育てしながら働ける土壌があるのも強みのひとつ。「福井県は平成29年度の男女共同参画白書で、M字カーブ問題を克服した県として紹介されました。女性が働くことは自由度を増すことにもつながりますし、三世代同居・近居で子育てする世帯が9割以上という環境は非常に恵まれていると思います。県としても待機児童ゼロ、3人目以降の保育料無料化、中3までの医療費無料化など、子育て支援を積極的に行なっていきます」。

 

これから目指すのは、若い人がワクワクドキドキする福井の街並み!

 

可能性は自分次第!
世界で輝ける企業が福井に。

近年の売り手市場で大企業、有名企業を志望する学生が増える中、杉本知事は「福井の企業は多くの学生さんにとって、良い人生を歩む上でのパートナーとして最適」と胸を張る。

「大企業で切磋琢磨してトップを目指す働き方も確かにありますが、多くの人達はそれに向いているとは限らないですよね。自分の能力に見合い、好みに合う仕事を選び、その上で中を見渡して分かる規模の会社だったら、より安心して働けるのではないでしょうか」。

さらに福井の企業の強みや魅力はその高い技術力にもあるという。「福井には世界シェアナンバー1の企業が18社、そして国内シェアナンバー1が39社もあります。厳しいビジネスの世界では大企業も苦戦している中、福井の企業はしっかりと勝ち残っている。こういうところを最初から選んで、その中で中心になっていく醍醐味は非常に大きいと思います」。

また、学生には“自分に何ができるか”を考えて仕事を選んでほしい、と言う杉本知事。「例えば語学を活かしたい時、大企業で通訳や営業をするのもいいですが、もっと自分で仕事を創りだす可能性を考えるのであれば、福井にもグローバル企業はたくさんあります。そこで顧客とやり取りをする中で、新しいビジネスに自ら挑戦する場所を見つける、という働き方も充分できる。スキルを活かせる分野も幅広く、自分が思っている以上に広がりのある仕事ができると思いますよ」。

 
 
 

これからの福井はもっと
魅力的な街になる!

約3年後にはいよいよ新幹線開業が迫っている福井県。私たちが暮らす福井はどのように変化していくのだろうか。「まず福井駅前が大きく変わります。西口に28階建て120mのビルが建ち、その南側も整備。再開発によって今までは金沢や京都まで行かなければなかった店ができ、そこに観光客はもちろん、自分たちも通うことができます。『ONE PARK FESTIVAL』や『アスリートナイトゲームズ』といった県内外の若者が楽しめるイベントなどにもさらに多くの人が来て、福井の人も一緒に楽しめるようになりますね」と目を輝かせる。

「十数年後、京都・大阪への北陸新幹線全線開通と同じ時期に中部縦貫自動車道も岐阜までつながり、関西・中京が目の前になります。これから就職する学生の皆さんが結婚し、子育てと仕事を両立して活躍する40代前後の時。その頃にはもう実現する話なんです。福井が若い人にとってもワクワクドキドキするような街に大きく変わっていくことこそ、私が望んでいることであり、福井で働く魅力だと思っています」。

これまで色々な場所で暮らしてきましたが、福井の人はお互いに優しく包み合うようなところがあって、どこに行っても気持ちが楽で安心・信頼できますね。関西に近い分明るい雰囲気もあって、文化的な近さもいい面に出ていると思います。

学生時代はアメリカをバスで移動しながら1カ月間旅行したり、電気のないフィリピンの島で10日間バイトしたり……思いつきでしたいことをしていました(笑)。毎年4月の夜に行なわれていた「山手線1周競歩大会」には4年間出場し、毎回完歩! 2年前には妻や子どもたちと一緒に久々に歩いてきました。何事もチャレンジですね!

10年ほど前から始めたパン作りです。黙々と集中する作業は頭をからっぽにしてくれ、多い時は週4〜5回焼いたことも。あとは太りすぎの予防も込めて(笑)歩くことです。道中お会いする皆さんとのご挨拶や会話も楽しいですね。

パン作りで得意なのはあんぱん。仕事疲れにリフレッシュは不可欠!

私はOFFのために仕事を頑張るタイプ。休日は仕事のことを考えることもありますが、基本的には好きなことをしてのんびり過ごしていますね。平日の朝は、愛犬“もか”の散歩をしたり朝ドラを毎日楽しみに見てから1日が始まります。

娘さんと“タピる”ことも。積極的に福井のイベントや話題のスポットへ!

 

私が福井県の知事になったのは、色々な面で「福井ならできる」という可能性を感じているから。様々な施策に取り組む中、いつか日本で「福井を見習おう」、「福井にできたのだから日本でできる」という社会にしていきたいというのが一番の想いです。

関連記事

  1. Special Interview aiMIKIさん(デザイ…

  2. Special Interview カズさん(YouTube…