Special Interview 杉本達治さん(福井県知事)

杉本達治
福井県知事に聞く!
福井で働き、
暮らす魅力。

幸福度ランキングでは、4回連続総合1位の福井県。この結果は、全国トップレベルの“働きやすさ”と“暮らしやすさ”が大きく影響しているが、実際はどうなのか?杉本達治福井県知事に話を聞くと、その理由がだんだんと見えてきた。

PROFILE

岐阜県中津川市生まれ。東京大学卒業後、自治省(現:総務省)に入省。長野、徳島、山形にも赴任し、2004年、福井県総務部長に。2013年に福井県副知事となり、2019年、福井県知事に就任。趣味はウォーキングとパン作り。

“働く”ことは“暮らす”こと
“人生100年時代”を意識した選択を。

働きやすく暮らしやすい
将来を考えたら福井一択。

幸福度日本一を誇り、雇用・生活環境でも高い水準を維持している福井県。しかし、それはなぜなのだろうか。岐阜県出身で大学卒業後は総務省で勤務し全国各地に赴任。自身も移住者である杉本達治福井県知事に、福井で働き・暮らすことの魅力について伺った。「〝働く〞ことは〝暮らす〞ことでもあります。学生時代には、都会の刺激的な生活が魅力的に見えますが、就職を考える際には、結婚、子育て、老後など、今後のライフステージを意識して、これからの『人生100年時代』をどう過ごすのかを考えるべきです」。

例えば結婚した場合を考えると、福井は共働き世帯の割合や育児をしている女性の有業率が全国トップクラス。さらに、待機児童がゼロで、2人目からの保育料無償化や子育て世帯への支援も進んでいる。「近くにご家族が住んでいれば、祖父母からの協力も得やすく、ワークライフバランスが実現しやすい環境にあります。東京だと夫婦揃ってフルタイムでの勤務が難しいかもしれませんが、福井ではそれが可能です。福井と東京の60歳までの家計を比較すると、福井の方が3000万円得になるという試算もあります」。

また、持ち家率が高いのも特徴で、憧れのマイホーム購入も夢ではない。「福井は地価も手頃で、20代から家を建てる人も珍しくありません。広々とした間取りなら子育てもしやすく、ゆとりのある生活を送れますよね。暮らし方はどんどん多様になり、三世代同居・近居を含め、若い人達は自分らしいライフスタイルを楽しんでいます。人生をトータルで考えると、福井で暮らさない理由が見つかりません」。

高い技術力を持つ県内企業
世界を舞台に活躍も!

新型コロナウイルスの影響もあり、ここ数年続いた売り手市場は影を潜めているが、それでも変わらず大手企業を志望する学生は多い。だが、杉本知事は、県内企業には大手に引けを取らない魅力があると言い切る。「まず、福井の企業の技術力の高さが挙げられます。例えば、全国初の取り組みとして、製造系7社、システム系4社など県内企業の技術力を結集させて〝県民衛星〞を打ち上げます。他にも、福井には世界シェアナンバーワンの企業が17社、国内シェアナンバーワンが43社、オンリーワンの技術を有する企業も数多くあります。厳しいビジネスの世界で大手も苦戦している中、福井の企業はしっかりと勝ち残っています。福井の企業でもグローバルに活躍することができるのです」。

さらに県では、新産業の創出や起業家・ベンチャー企業の育成にも注力。農林水産業をはじめ多くの産業でデジタル化を進めたり、IT関連企業やサテライトオフィスを誘致したりしているのがその一例だ。「スピード感のある中小企業だからこそ、任される仕事や身につく責任感は非常に大きいと思います。こういった企業に最初から入って、その中でチャレンジしていく醍醐味は、大手ではなかなか味わえません。若いみなさんにもどんどん活躍していって欲しいですね」。

注目される地方への移住
生活拠点としての福井。

昨今のコロナ禍により、地方移住への関心がますます高まっているが、生活拠点として福井にはどのようなメリットがあるのだろうか。
「大規模地震をはじめとする自然災害のみならず、今回は感染症という形で都市への人口集中のリスクが顕在化しました。自分らしく暮らすには安全・安心が大前提であることや、日々の移動に大きな労力をかけていたことを、世界中の人々が改めて気づかされたと思います。そうした意味では、災害が少なく、通勤・通学時間の短さやテレワーク用の部屋も持てる恵まれた住まいなど、ウィズコロナ・アフターコロナ時代の生活環境として、福井の優位性はより高まったと思います」。

もちろん、福井ならではの自然や景観、食の豊かさも魅力。「福井は『越山若水』と称される豊かな自然・景観に恵まれた地域です。海や山、清流などが身近にあるので、それを活かしたレジャーも楽しめます。食材も、本県発祥の『コシヒカリ』はもとより、新たに開発した『いちほまれ』や高級ブランド『越前がに』など、里・海・山の幸は枚挙にいとまがありません」。

今後は、北陸新幹線の開業や中部縦貫自動車道の開通により福井は首都圏と直結し、中京・関西との時間距離も短縮。さらに、リニア中央新幹線とあわせた大環状ルートや、国際物流ターミナルの拡張整備が進む敦賀港、福井港、小松空港まであわせると交流圏域が飛躍的に拡大する。
「福井はまさに国内外との大交流を推し進める100年に一度のチャンスを迎えています。加えて、5Gといった通信環境は整備され、生活・産業・行政のDX化により、地方に住むことのデメリットはなくなっていきます。福井で暮らし、豊かな自然や食を享受しながら、世界とつながるという生き方ができるのです」。

合言葉は、“ふくいをもっとおもしろく”
みんなのチャレンジが福井の未来をつくる!

ワクワクドキドキが広がる
新しい福井のまち

新幹線開業に合わせ、現在福井駅周辺を再開発中。福井はもっと魅力あふれるまちへと進化していく。「県内で初めてのロックフェス『ONE PARK F ESTIVAL』や、トップアスリートが集う『AthleteNight Games』が開催されるなど、すでに新たな交流や賑わいが生まれています。〝ふくいをもっとおもしろく〞を合言葉に、音楽やアート、スポーツを楽しめるまちにしていきますよ」。

県では、2040年を目標とする「福井県長期ビジョン」を策定。SDGsの理念に向けて、福井らしさを伸ばし、外に開いて人を呼び込む「自信と誇りのふくい」、多様な個性を大事にし、みんなが自分らしく輝く「誰もが主役のふくい」、変化をチャンスに仕事と暮らしを創造する「飛躍するふくい」を目指しているという。「こうした新しい時代をつくり上げるために最も大切なことは〝チャレンジ〞です。県民一人ひとりの夢を実現するためのチャレンジが、幸福度日本一の福井の魅力をさらに高め、ワクワクドキドキの『ふくいの未来』につながります。新しい福井をぜひ一緒につくっていきませんか。若いみなさんのチャレンジを期待しています!

(コロナ禍以降は、特に)家内と一緒に過ごしています。昨年は、コロナが収まっている時期に県内すべての市や町で、泊まったり、地元の美味しいものを食べて回ったりしました。

テラスからの景色は絶景です。昨年リニューアルしたばかりで、足湯やハンモック、空を見て横になれるベッドなど、恋人同士でもご家族連れでも感動しますよ。