メーカー

株式会社 辻広組つじひろぐみ

「福井で働く」を応援。舗装で県内トップシェア。100年企業の新卒育成!

会社写真

福井市江守中町8-18
0776358115
http://tsujihiro-gumi.jp

敦賀営業所/敦賀市木崎8-2-8
0770・47・5911

富山営業所/富山県富山市吉作438-1
076・471・7141

関東営業所/東京都渋谷区広尾4-1-11-1106
03・6805・1945

■グループ企業
◎日広開発株式会社
◎フクレキ工業株式会社
◎福信商事株式会社

■事業内容
◎一般土木・舗装工事・建築工事・とび土工・解体・鋼構造物工事・運動施設等設計施工

100年企業に向けて
人を育て、強い組織に。

 2026年に100周年を迎える『辻広組』は、建設を通じて社会のインフラ整備を担ってきた。その技術は、県内トップシェアを誇る道路舗装をはじめ、街のいたるところに生かされている。身近なところでは北陸自動車道や北陸新幹線の高架橋、福井国体に向けたスポーツ施設の建設・改修、日本人初の100m9秒台を記録した陸上競技場などを施工。強いチームワークと技術力で、地域の顔になる建造物を多数造り上げている。
『辻広組』の施工品質は人が基本。仲間と同じ目標に向かって力を合わせ、大きな仕事を達成する楽しさを共有する。さらに若手技術者が活躍できるフィールドを拡大していくために、これからも人づくりに力を注ぎながら街づくりに貢献していく。

福井県の舗装施工資格ではトップにランク
福井県の舗装施工資格ではトップにランクされ、県下最大の実績を誇る。北陸自動車道をはじめ、全国の高速道路を手がける
社員旅行
毎年春には社員旅行へ。社員たちは、自ら制作したお揃いのTシャツを着て大盛り上がり!! 
ウレタン舗装の見学&体験会
県内の子どもたちに向けて実施した、ウレタン舗装の見学&体験会の様子
建設重機の搭乗体験
建設重機の搭乗体験。子どもたちは大きな機械に興味津々!!
TVCMを放映中
日本初のアスファルト舗装を成功させた由利公正役に黒田アーサー氏を起用したTVCMを放映中

Top Interview

取締役 副社長 辻広昌平さん

福井で働くことは
想像以上に幸せだ。

取締役 副社長 辻広昌平さん

 人は人生の大半を働きながら生きる。心豊かに働くことは、充実した人生を実現するカギと言えるだろう。辻広昌平副社長は、東京からUターンしたからこそ、福井らしい働き方に豊かさの答えがあると感じている。「都会に比べれば給与水準は高くないかもしれない。だけどこんなに生活しやすい環境は都会では手に入りません。人間らしい生活で得られる心のゆとりは、お金に換算できない価値があるはずです」。
 福井は人と人のつながりの密度が濃いが、それも働く上で大きな強みになると辻広副社長は語る。「当社は常に品質で選ばれ、信頼を得てきた自負があります。その根源にあるのは、社員の真剣さや心配り、粘り強さといった“人柄”です。人間関係が密な地域こそ、スキルや数字だけではない、自分の人間性を生かした仕事で人とつながれると実感しています」。
 人の和を大切に、協力会社を含めた仲間との交流を深めながら強いチームを育てる『辻広組』は、社員一人ひとりの存在感が大きい。それだけに、若手には早くから重要な現場を経験させ、会社全体で成長を支えている。事業の最前線で活躍し、努力が形になる手応えをつかみやすい環境は、組織がコンパクトな中小企業ならではの魅力だ。「いい仕事は表彰してたたえる。自信が持てる評価を行なうことで、精神的な成長も応援したい」と、若い社員の伸びしろを引き出すことに力を注いでいる。

建設は人が生きる舞台を
造り、守り、支える仕事。

各種スポーツ施設を最適な設計と技術で施工。福井運動公園整備事業では男子100mの日本新記録を出した陸上競技場やテニス場の工事も行なった

 道路や公共施設など、街を造るインフラの多くは、建設業の仕事で成り立っている。『辻広組』も単独工事はもちろん、大手ゼネコンのプロジェクトにも参加し、スケールの大きな建造物を数多く手がけてきた。
「ゼネコンの現場監督が担当分野のスペシャリストなら、『辻広組』はプロセス全体に関わり、建設の実務に精通した現場のエキスパート。ともに挑む人たちと学びながら地図に残る建造物を築き、豊かな暮らしの舞台を造っていくことができます。社会の役に立ち、人に誇れるものを造る。このやりがいの大きさは計り知れません」。
 同社は道路舗装のメンテナンスや冬には除雪作業も担う。交通や物流の基盤となる道路を維持し、当たり前の日常を陰で支えるプロとしても地域に欠かせない存在だ。社会のインフラを守る誇りと社員の努力から生み出される“辻広品質”。その力をさらに進化させていくために、同社は福井で働く幸せを分かちあい、社員も、会社も、福井も、みんなが豊かになれる仕事を追求し、この先の未来も大きく羽ばたいていく。

STAFF intro.
──── 輝くスタッフを紹介

工事部 藤野敬博さん

工事部 藤野敬博さん

高校卒業後に入社した藤野さんは現在、主に土木工事の現場監督の業務を行なっており、福井県営陸上競技場も担当。「発注者や業者、作業員など工事に関わる人たちと話をしながら円滑に進めることが求められ、正直難しいこともありますが、その都度、上司に相談しながら仕事ができる環境はありがたいです」。誠実に向き合い、積んできた現場での多くの実績、“会社の未来を担う一人”と上司も太鼓判。「未経験でもキャリアップができる社風です。少しでも興味があれば、力を貸して欲しいですね」。

藤野敬博さん
藤野敬博さん
仲間と参加したマラソン大会。仕事とは違った一体感があり、スタッフ間のより良い関係づくりが生まれている
工事部 岡花雄太さん

工事部
岡花雄太さん

経済の発展、ITの発達にともない、社会における価値観はより多様化し、企業のビジネスに対しての考え方も、ものづくりからサービス型に変化してきています。また、社会全体としても、消費からより持続的な社会を目指す価値観へと移行しています。経済の発展。

岡花雄太さん
工事部 向岩 泰さん

工事部
向岩 泰さん

高専卒業後入社し、現在は現場監督として活躍。「主に高速道路やテニスコートなど一般の人が利用する場所を担当していますが、快適に利用してもらえているとうれしいですね」。高専卒業の先輩や同年代のスタッフが多く、社内や協力会社との行事もあり、会社生活もエネルギッシュだ。

向岩 泰さん