建設業

株式会社 辻広組つじひろぐみ

舗装で県内トップ! 人を育て、道を築く100年企業の育成術。

会社写真

福井市江守中町8-18
0776・35・8115
http://tsujihiro-gumi.jp
採用実績:大学卒/短大卒/高専卒/専門卒/高校卒

■事業内容
◎一般土木・舗装工事・建築工事・とび土工・解体・鋼構造物工事・ 運動施設等設計施工
◎事業所/敦賀営業所 ☎0770・47・5911
富山営業所 ☎076・471・7141
関東営業所 ☎03・6805・1945
◎グループ企業/日広開発株式会社、フクレキ工業株式会社、福信商事株式会社

建設の力は人の力。
人間性が品質を物語る。

取締役 副社長 辻広昌平さん

辻広昌平さん

「先義後利」の考え方で、
相手の喜びを最優先。

 私たち『辻広組』は福井県内の道路舗装で実績トップを誇ります。土木工事のエキスパートとして大手ゼネコンのプロジェクトにも参加し、北陸自動車道や北陸新幹線の高架橋、日本人初の100m9秒台を記録した陸上競技場など、福井の歴史に刻まれる仕事を数多く手がけています。
 創業以来、品質で選ばれてきた私たちの根底にあるのは「いい仕事をすれば次につながる」という理念。私たちの品質は社員の真剣さや心配り、粘り強さといった人間性によって形づくられたものです。『辻広組』の約1世紀にわたる歴史は、いい仕事を追求して努力を続けた社員たちの歩みだと自負しています。私たちにとって建設とは、地図に残る仕事を通して豊かな暮らしの舞台を創ること。人に誇れるものを築き、社会の役に立つやりがいを実感できるからこそ、仕事の質にこだわる社風を育んだと言えます。この“建設は人なり”の精神を体現する姿勢は、若手の人材育成にも反映されています。

人を大切にしているから
新人教育に力を注ぐ。

 人を大切に育て、技術・知識・心を次世代へとつなぐこと。それが“辻広品質”を創る教育の根幹です。特に新人教育に力を入れ、入社までに私たちの考え方や文化を理解し、即戦力として活躍するための研修を充実させています。内定後は10月から月1回の内定者研修を6回行ない、合宿研修も1回実施。入社後も初年度に合宿研修を4回行ない、同期との絆を深めながら早期のスキルアップを目指します。
 現場では『辻広組』のマインドを共有する仲間と一緒に働くことが最大の教育と考え、協力会社を含めた強いチームワークのなかで実務を学びます。若手には早い時期から重要な現場を任せる方針ですが、これは仕事を成し遂げる達成感や充実感をたくさん経験し、成長の意欲にしてほしいという期待の表れです。
 2019年度、私たちは5名の新卒者を迎えます。先輩社員たちも新人を育てながらともに成長できることを期待しており、社内はさらなる活気に包まれています。『辻広組』はこれからも人と人の融和を図り、人づくりに力を注ぎながら街づくりに貢献していきます。建設というスケールの大きなものづくりを通して社会のなかで活躍する自分を感じたい、そんな熱意ある仲間と一緒に福井の未来に欠かせない一社になりたいと願っています。

仲間を大切に県内屈指の実力を誇る

(左)いい仕事を実現する仲間を大切に考え、人を温かく見守り、育てる社風がある (右)高速道路の建設や道路の舗装にかけては県内屈指の実力を誇る

由利公正役に黒田アーサー氏を起用
日本初のアスファルト舗装を成功させた由利公正役に黒田アーサー氏を起用したTVCMを放映中
出張講座
子どもたちに建設業の魅力を伝える出張講座を2018年は16園で開催。重機のデモンストレーションや搭乗体験が大人気だった
毎年春には社員旅行へ
毎年春には社員旅行へ。社員たちは、自ら制作したお揃いのTシャツを着て大盛り上がり!!
福井運動公園の整備事業
福井国体の会場となった福井運動公園の整備事業では、男子100mの日本新記録を樹立した陸上競技場やテニスコートの工事を担当

STAFF intro.
──── 輝くスタッフを紹介

歴史に残る仕事を
達成した誇りが自信に!

工事部
向岩 泰さん

若手の現場監督チームで大規模な現場を担当し、ひと回り成長できたと思います。みんな向上心が強くてお互いに学びながら成長できたので、仕事の奥深さも味わえました。会社の代表として現場を担う責任は重いですが、建設のプロとして得られるやりがいも大きいです。

向岩 泰さん
向岩 泰さん
「面倒見のいい先輩たちなので相談しやすく、若いうちから経験を積むチャンスがもらえます」と向岩さん
向岩 泰さん
後輩を親身に指導する社風が、若手の責任感と向上心を育てる

仕事と家庭の両立を積極的にサポートする
人にやさしい社風です。

工事部
藤野敬博さん

当社は現場監督の裁量が大きく、やりがいのある仕事ができます。奥さんが出産の時は「家族シフト」に周囲が協力してくれ、育児を手伝うことも理解してくれる温かい社風も魅力ですね。

藤野敬博さん
藤野敬博さん
反省点や課題を次に生かしながら自分の現場を作っていく面白さがある。任される責任も大きなやりがいを生む

最新のICT技術と会社が蓄積した
技術を結ぶ橋渡しをしたい!

工事部
岡花雄太さん

建設費を見積もる積算業務に加え、ドローンなどの最新技術も勉強しています。ICT建設の普及で若い世代が前に出て行ける時代です。後輩に経験や技術を伝えるために現場の応援にも力を入れています。

岡花雄太さ
岡花雄太さ
業務のIT化によって図面や現場の状況が具体的に伝えられるようになり、関係各所とのコミュニケーションもスムーズに