サービス業

社会福祉法人 足羽福祉会

ICTを推進しつつ“ふくしびと”として手厚い福祉を。

会社写真

福井市栂野町20-7
0776・41・3108
FAX:0776・41・3199
https://www.asuwafukushikai.jp/

採用実績:大学卒/短大卒/高専卒/専門卒/高校卒

■事業内容
◎子ども、障がい者、高齢者の総合福祉サービス
◎子ども福祉/啓明児童クラブ、上文殊児童クラブ、足羽東こども園、足羽学園、子ども発達支援センター フレンズあすわ、フレンズみゆき
◎障がい者福祉/福井市障がい者基幹相談支援センター、あすわ相談支援事業所リアン、足羽更生園、足羽ワークセンター、スマイル、カラフル、足羽サポートセンター、パステル、あすわ地域生活支援センター
◎高齢者福祉/福井大東包括支援センター、愛全園、足羽利生苑、グループホーム美山

髙村昌裕さん

理事長
髙村昌裕さん

 一人ひとりの人生がより豊かになるよう寄り添い、サポートする専門家である私たち「ふくしびと」には、想いを汲み取る感性と現状を打破するためのアイデアと行動力、それをチームと共有する協調性が求められます。そのため当法人では、研修や資格取得補助制度など、個の力を向上させるための土壌を整えています。さらに多岐にわたる職員の業務負担を軽減するため、最先端介護ロボットの導入も他社に先駆けて検討しています。
 すべての人が笑顔になるような地域社会を育む。この夢に向かって、私たちは挑みます。

サービス実践報告会
法人主催の「サービス実践報告会」では個々の取り組み報告やグループワーク、講演会が行なわれる
託児所を完備
職員が格安で利用できる託児所を完備。「子育てファミリー応援企業」として、仕事と子育てが両立できる環境づくりを推進する
機関紙「愛道」
1979年から続く機関紙「愛道」は現在130号。職員が主体となり記事を作成。取り組みを地域に発信している

STAFF intro.
──── 輝くスタッフを紹介

人の役に立つ仕事を
ここで続けたい!

愛全園 介護福祉士
三田村秀美さん

家族の在宅介護で介護スタッフの手厚いケアを目にして感動、感謝の気持ちもあり、事務職から介護職に転職しました。今は介護する側とされる側、両方を理解できるからこそできるケアを心がけています。そして「ありがとう」の言葉に元気をもらっています。数年前に結婚し出産。園内にある託児所を利用し、大好きな仕事を続けています。

三田村秀美さん
三田村秀美さん
ボール遊びやぬり絵、ドリルなど、レクリエーションも行なう。「脳トレ効果もあって、皆さん楽しんでいますよ」
三田村秀美さん
ユニット型特養で介護に従事。「ゆったりした時間が過ごせるのが特徴。利用者との関わりも濃厚です」。三田村さんの優しい話し方も印象的だ

発達障害への理解を深め、
仕事にいかしたい!

パステル
目標工賃達成指導員

織田歩優さん

発達障害のある利用者の自立や就職を支援。「その人にとって何が必要か?」を基本に、ありとあらゆる支援方法を考えています。当然、うまくいかないこともあります。そんな時は先輩や同僚のアドバイスや激励がヒントや刺激になり、良い方向へと導いてくれます。

織田歩優さん
織田歩優さん
利用者に向き合い、思考やペースに合わせた支援を行なっている。「仕事を通じて、自分自身の成長を実感しています」

子どもたちに得意のアカペラを披露。
皆で歌うって楽しい!

フレンズあすわ 児童指導員
宮下胡桃さん

大学時のボランティア活動で障がい者教育のことを知り、この仕事に就きました。学生時は「嫌われたくない」と叱ることを躊躇していましたが、今は大人として対応できるようになりました。就職して1年、子どもたちが少しずつ心を開いてくれることに喜びを感じています。

宮下胡桃さん
宮下胡桃さん
障がいのある子どもたちの放課後や休暇時の活動をサポート。「考えている子どもたちを“待つ”ことも大事な仕事です」